Blog

ブログ

上越本店ブログ妙高本社

2020.02.06

ダイアトーマスだから楽しめる冬の快適な暮らし!

こんにちは!グランハウスです。

寒い冬は、家族みんなでリビングで過ごす時間も長くなると思います。

そこで今回は、グランハウスがLDKの壁面の仕上げとして標準仕様としている塗り壁剤「ダイアトーマス」が冬に発揮する効果についてご紹介します。

◆加湿器や除湿機を使わずに、あったか快適ライフ!

寒い冬に暖かさを感じるために必要な「湿度」。

しかし、湿度が高すぎると結露やカビの原因となり、低すぎると乾燥による肌荒れや、ウイルスが繁殖する原因になります。

上越妙高エリアは湿度が高いため加湿器は必要ないと思われているかもしれませんが、気密性を高めた住まいの場合、エアコンを使用すると室内の空気は乾燥してしまいがちになるのです。

しかし、ダイアトーマスで仕上げた壁は吸放湿質性能があるため、ビニルクロスで仕上げた壁と比較すると調湿効果の差が10%にも及びます。

また室内の湿度変動が少なく、湿度環境を大きく緩和する効果があるため、湿度計などを気にすることのない快適な空間が実現します。

◆ニオイも吸着するから、いつも空気がキレイ

冬になると、寒さのせいで窓を開けることが少なくなるとともに、家で過ごす時間も長くなるため、どうしても生活臭がこもりやすくなります。

また、冬の寒い日は体もポカポカすることからお鍋料理をする機会が多くなると思いますが、鍋料理をすることで湯気と一緒にお料理のニオイがLDK全体に広がります。

そのため、生活臭に加え様々なニオイが長時間こもることになるのです。

しかしダイアトーマスで仕上げた壁は多孔質で、その小さな孔の中に「ニオイ」の成分をしっかりと吸着・分解するので生活臭や料理のニオイがこもることがありません。

グランハウスの住まいなら、寒い日でも快適な空間で、おいしいお料理が楽しめますよ!!

◆サーマル効果で、冷暖房費の節約に!

ダイアトーマスで仕上げた壁には、室内の温度を快適に保つサーマル効果があり、ビニルクロスとダイアトーマスそれぞれ同じ条件で室内温度を長期測定した結果、ダイアトーマスの調温効果が証明されています。

だから夏は涼しく、冬は暖かく暮らすことができ、冷暖房費の節約にもつながっていきます。

グランハウスで標準仕様としている塗り壁剤「ダイアトーマス」。新元号「令和」を記念した「令和プラム」が新登場!

公式サイトページによりますと、梅の花を想わせるほんのり淡いピンクに、パールパウダーを配合された限定ならではの上品な質感と光沢を再現しているようです!

定番カラーのピンクよりも優しい色味なので、あらゆるシーンに使えそうです!

ご興味のある方はグランハウスまでお気軽にお問い合わせください。

代表取締役 一級建築士
山田孝一

グランハウスの新築・注文住宅

Contact

来店予約・資料請求などの
お問い合わせはこちら