Blog

ブログ

上越本店ブログ

2019.07.30

真空トリプルガラスで、暑い夏も涼しく快適に!

皆さま、こんにちは!グランハウスです。
今回はグランハウスで標準仕様としている
真空トリプルガラスについてのご紹介です。

 

◆冷暖房の効きが悪いのは、窓のせいかもしれません
住まいの中で熱損失の一番大きな要因になっているのは屋根でもなく、
壁でもなく、実は窓です。夏には窓から74%の熱が部屋内に流入し、
冬は52%の熱が逃げています。つまり窓の熱損失をどう抑えるかが、
夏涼しく冬あたたかな暮らしを実現するための大きなポイントなのです。
近頃、窓の小さな家をよく見かけると思いますが、
これは熱損失を少しでも抑えるための工夫なのです。

◆開放感のある暮らしを楽しむための真空トリプルガラス
住まいの断熱性能を高めるために最近では多くの住宅会社で
ペアガラスやトリプルガラスを標準仕様としています。
しかし、グランハウスでは寒さの厳しい上越妙高エリアで
お客様に快適に暮らしていただけるように
通常のトリプルガラスよりもさらに高グレードな
「真空トリプルガラス」を標準仕様としております!
この真空トリプルガラスを採用することによって、
大きな窓による熱損失を気にすることなく家づくりができるのです!

 

◆優れた断熱効果の真空トリプルガラスが標準仕様
グランハウスが標準仕様としている真空トリプルガラスは
YKK社製の「APW330」。
サッシ部分は樹脂フレームなので、
熱伝導率はアルミフレームの「約1000分の1」!
そして3枚のガラス板は
真空層とアルゴンガス層で隔てられていることによって、
熱伝導率をほぼゼロに抑えています。
また真空トリプルガラスは優れた断熱性能だけでなく、
高い遮音性もあるので大通り沿いの住まいであっても
喧騒を感じることなく暮らすことができます。

 

家ナビ・カフェのショールームには
この真空トリプルガラスの熱伝導率を体験できる実験装置もございます!

いよいよ夏本番を迎え、これからますます暑くなると思いますが、
家ナビ・カフェは真空トリプルガラスで冷んやり快適です!
家づくりをご検討中の方、ぜひ涼みにいらしてください。

グランハウスの新築・注文住宅

Contact

来店予約・資料請求などの
お問い合わせはこちら