Blog

ブログ

上越本店ブログ

2018.07.10

猛暑や酷暑を涼しく暮らすための、真空トリプルガラス!

皆さま、こんにちは!グランハウスです。
今年もまた暑い夏になりそうですが、
住まいの室温は窓によって左右されるってご存知でしたか?

そこで今回は、暑い夏や寒い冬を快適に暮らすための
大きなポイントとなる「窓」についてご紹介いたします。

これまでの熱損失の一番の要因は窓でした
住まいの中で熱損失の一番大きな要因になっているのは
屋根でもなく、壁でもなく、実は窓なんです。

夏には窓から74%の熱が部屋内に流入し、
冬は52%の熱が逃げています。

つまり窓の熱損失を抑えることが、
夏涼しく冬あたたかな暮らしを実現するための
大きなポイントなのです。
窓の小さな家を見かけることがあると思いますが、
これは熱対策のために小さな窓にしているのです。




雪国でも大開口を実現できたのは真空トリプルガラスだから
最近は住まいの断熱性能を高めるために
ペアガラスを標準仕様としている住宅が多く、
より性能を高めたトリプルガラスを採用している住宅もあります。

しかし、雪国で快適に暮らせる住まいづくりをお約束する
グランハウスは、通常のトリプルガラスより
高グレードな真空トリプルガラスを標準仕様としております!

この真空トリプルガラスを採用することによって、
開放感のある大開口を実現できているのです!





すぐれた断熱効果の真空トリプルガラスが標準仕様!
グランハウスが標準仕様としている
真空トリプルガラスはYKK製の「APW330」です。

熱伝導率がアルミフレームの約1000分の1である
樹脂フレームを使用し、3枚のガラスは
真空層とアルゴンガス層によって隔てられており、
とくに室内側の真空層は熱伝導率がほぼゼロなのです!

また真空トリプルガラスによって遮音性も高まり、
街中であっても喧騒を感じることなく暮らすことができます。




今回ご紹介したこの真空トリプルガラス。
家ナビカフェのショールームには実験装置もあり、
実際に体感していただけます!

うだるような夏の日でも、
家ナビカフェは真空トリプルガラスで快適です!
涼みがてら家ナビカフェにお立ち寄りください。

グランハウスの新築・注文住宅

Contact

来店予約・資料請求などの
お問い合わせはこちら