Blog

ブログ

上越本店ブログ妙高本社

2020.10.27

家づくりを叶える資金計画ゼミ⑦.見積もりは「安さ」でなく「内容」で比較!

皆さま、こんにちは!グランハウスです。
家づくりにかかるお金のことについてシリーズでご紹介している
「家づくりを叶える資金計画ゼミ」

7回目となる今回は、家づくりを依頼する
ハウスメーカーを決める時の大きなポイントとなる
お見積もりの見方についてのアドバイスをご紹介いたします。

◆各ハウスメーカーによってちがう見積もりフォーマット
人生の中でもっとも高い買い物と言われる「家づくり」。
だからこそ、いくつものハウスメーカーのモデルハウスや
完成見学会をご覧になり、いろいろなハウスメーカーに
お見積りをご依頼される方も多いと思います。

ただ、その際に注意が必要なのがお見積書の項目です。
見積もりは、各社によってフォーマットなどがちがい、
見積もり項目がすべての会社で統一されている訳ではありません。
つまり、見積もりが安いからと言って
その数字だけを信じて実際に工事に入ると、
追加費用が膨らんで当初の予算を
大幅にオーバーするということにもなりかねないのです。

◆グランハウスは想定できる金額を細かく計算した資金計画書をご提案!
グランハウスでは、お客さまに資金面での心配をすることなく
家づくりを進めていただけるように、
お住まいの工事にかかる費用だけでなく、
お客さまが新しい住まいで暮らされるまでの金額を含めて
「資金計画書」としてご提案させていただいております。

具体的には建物の工事はもちろん、
工事に着工に入る前の地盤改良から、建物まわりの外構工事、
新しい住まいで暮らす際に加入が必要となる火災保険や建物の登記費用、
住宅ローンを借り入れる際の保障料などになります。

さらに、住宅ローンをご使用になって
家具や家電を購入される方もいらっしゃるので、
ご購入予定の家具や家電などもお聞きして、
これらの費用を細かく計算して資金計画書に記載しております。

ですからグランハウスの資金計画書と他社さまの見積書を比較した場合、
他社さまより金額が高くなる場合がございます。

しかし、これは新たに費用がかさみ
大幅に予算をオーバーするということがないように
想定しうる金額を計算しているためですので、
安心して家づくりをお任せいただけます!

◆グランハウスの住まいはハイグレードな設備が標準仕様!
そして、グランハウスの住まいの場合、
他のハウスメーカーではオプション扱いとなっているような「太陽光発電」、
「真空トリプルガラス」、健康塗り壁とも称される「ダイアトーマス」といった
ハイグレードな性能がすべて標準仕様となっています。

つまり、追加オプションを新たに選ぶことなく、
標準仕様のままでハイグレードな住まいに暮らすことができ、
快適な生活を楽しむことができるのです!

これから家づくりをご検討される方は、
ぜひグランハウスに一度ご相談ください。
お客さまのライフスタイルにあった住まいを資金計画とともにご提案いたします!

代表取締役 一級建築士
山田孝一

グランハウスの新築・注文住宅

Contact

来店予約・資料請求などの
お問い合わせはこちら