Blog

ブログ

上越本店ブログ妙高本社

2020.08.06

太陽光発電についてよくあるお問合せ.家づくりQ&A.⑧

皆さま、こんにちは!グランハウスです。
きょうは、広島平和記念日。
8時15分に黙祷を捧げた方も多いと思いますが、
実は「太陽熱発電の日」でもあるんです。

1981年、香川県の太陽熱発電所で世界初の太陽熱による
1000KWの発電に成功したことを記念して制定されたことが由来なんだそうです!

そこで今回は、「太陽熱発電」ではないのですが、
ZEHには欠かすことのできない「太陽光発電」について
お客様からよくあるお問合せをご紹介いたします。

Q1.売電価格が下がってきていますが、太陽光パネルを搭載するメリットはありますか?

日頃からお客様とお打合せの機会が多い設計士とアドバイザーより回答して頂きました!

・万一の災害での停電時にも、発電できる状態であれば電気が使えるので、安心感が得られます。(設計士)
・売電価格が下がってきているのは事実ですが、それでも余った電気での売電収入があります!! (設計士)

・現代の日本人の生活スタイルでは、電気は必要不可欠なものであり需要も年々増加している中で、売電で得られる利益は非常に大切なポイントです。

しかし、「損得」よりも将来的に光熱費が上昇する「リスク」を考えて「電気を自給自足」できる環境を整えておくことは、家計においても万一の災害時においても「安心安全な家」であることに繋がり、何にも代え難いメリットであると思います!(アドバイザー)

Q2.雪国でも太陽光発電ができますか?

年間200cm以上の降雪がある地域でも、自然落雪式の屋根で12~2月の冬季に、
それ以外の期間と比べても平均5割程度の発電量が計測されています。
実は新潟県の日照時間は、東京都と同じくらいなんですよ!

Q3.アラレやヒョウ、落雪などでパネルが割れたりしませんか?

太陽光パネルの表面強度は、高さ1mから227g、直径3.8cmの鋼球を落としても破損しないように設計することがJIS規格で定められています。国が認める安全性といえますね。

Q4.落雷の心配はありませんか?

太陽電池だから雷が落ちやすいという心配はありません。落雷があった場合に備え誘導雷対策も行っています。

Q5.海風によって錆びたりしませんか?

当社で使用している太陽光パネルは、直接海水等がかかる場所を除き、塩害地域への設置に対応しています!

グランハウスは、上越妙高エリアはもとより新潟県内においてトップクラスの太陽光パネルの施工実績があります!太陽光パネルやZEHについて知りたいことがございましたらグランハウスにお気軽にお問い合わせください。

グランハウスの新築・注文住宅

Contact

来店予約・資料請求などの
お問い合わせはこちら