Blog

ブログ

上越本店ブログ妙高本社

2019.12.17

収納についてよくあるお問合わせ | 家づくりのQ & A.⑤

皆さま、こんにちは!グランハウスです。
今年も残すところあと2週間。すでに出来るところから
大掃除を始めている方もいるかもしれませんが、
日頃から整理整頓のできる住まいだったら
大がかりな掃除もあまりしなくてもいいかもしれません。
そこで、今回はお客様からよくお問合せいただく収納についてご紹介します。

Q.どれだけの広さや数の収納スペースが必要か分かりません。
グランハウスでは収納スペースの広さや数をお客様のライフスタイルにあわせてプランニングしております
まずお客様が洋服や本などをどれだけ所有されているかをヒアリングし、お客様のライフスタイルや家事動線、生活動線を考えながら収納スペースをご提案いたします。そしてお客様との打ち合わせを重ね、収納スペースを確定します。階段下や畳の小上がりといったデッドスペースとなるような空間も収納スペースとして活用。
グランハウスなら、コンパクトな住まいであっても十分な収納を確保することができます!

Q.キッチンをいつもすっきりさせるには、どんな収納が必要ですか。
食材に調味料、食器、調理道具、調理機器などキッチンにはいろんなものを置く収納場所が必要です。
そしてそれらものが効率的に使えるような場所に収納しないと、
料理に時間がかかることになってしまいます。
グランハウスでは、食器や調理道具の取り出しや片付けが容易にできるパナソニック製のキッチンを標準仕様としています。
さらにキッチンの背面には電子レンジや炊飯器、コーヒーメーカーなどを設置できるカウンターやキャビネットを設けて、足元にゴミを分別して捨てられるように分別用のゴミ箱が入るスペースを確保できるようにしています。
また食材を収納するためのパントリーを設ければ、さらにキッチンをすっきり見せることができます。

Q.子どもがすすんで片付けをできるような収納にしたいです。
お客様のご希望にもよりますが、片付けを苦手と感じているお子さまにはオープンクローゼットがおすすめです。
扉のあるクローゼットの場合、扉を開けることを面倒がって部屋に物を出しっぱなしにしたり、逆にクローゼットの中に何でも詰め込んでしまうことがあるからです。
一方、扉のないオープンクローゼットの場合は、すぐに片付けることができ、常にクローゼット内が見えることから、自身できれいに整頓して収納する習慣が自然と身につくようになります

Q.子どもたちのつくった作品の収納場所に困っています
幼稚園や小学校でつくった子どもたちの作品は、
思い出深くなかなか捨てることができないですよね。
子ども部屋にそれらを収納できる場所を確保できず、
子どもたちの作品の収納にお困りの方が多いようです。
グランハウスでは、子どもたちの作品などを収納できるように
階段下を活用した収納スペースを設けてそこに保管したり、
あえて収納するのではなくディスプレイできるように
造作棚やニッチなどを設ける提案をしております

グランハウスの新築・注文住宅

Contact

来店予約・資料請求などの
お問い合わせはこちら