Blog

ブログ

上越本店ブログ

2018.11.13

上越妙高の冬を快適に暮らすために極めた「高断熱」と「気密性」

皆さま、こんにちは!グランハウスです。
紅葉していた木々の葉も少しずつ散りはじめ、
いよいよ冬の足音が聞こえてきましたが、
今回は上越妙高エリアの冬を快適に暮らすために
欠かせない断熱材についてご紹介いたします。

 

 

 

◆気密性を高めるなら発泡剤系の断熱材
家づくりに用いる断熱材は大きく分けて
グラスウール系の断熱材と発泡剤系の断熱材の2つがあります。
この2つのどちらが優れているかを言うのは難しいのですが、
住まいの気密性を高めて断熱するということであれば
発泡剤系の断熱材が高い効果を発揮します。

 

一方、グラスウール系の断熱材は時間が経つことで
施工面に隙間ができたり、湿度などによってカビが生じたりして
断熱性能が低下する場合があります。
ですから、一年を通して多湿な上越妙高エリアでは
発泡剤系の断熱材が最適と私たちは考えています。

 

 

◆発泡断熱材と真空トリプルガラスで寒気をしっかりブロック!
グランハウスでは断熱材として、環境面でもやさしい
水によって発砲する「ウレタン発砲断熱材」を使用しております。
そして壁、天井ともにムラなくしっかりと吹き付けて施工し、
夏の暑さや冬の寒さなど外気温の影響を受けないようしています。
さらに真空トリプルガラスを標準仕様で使うことで
より気密性が良くなり、断熱効率をアップさせております!

 

 

◆グランハウスの住まいなら真冬でもアクティブライフ!
冬場になるとなかなかコタツから抜け出せないという方も多いと思います。
しかしグランハウスの住まいは今ほどお伝えしたように
高気密高断熱となっているので、寒さが一番厳しい大寒の頃も
エアコン1台で家じゅうが快適で「動くのが億劫」ということもなく、
冬場に注意しなければならいヒートショックについても安心です。

 

また、高気密ということで
息苦しさについての不安を感じるかもしれませんが、
24時間換気によって常にクリーンな空気環境を実現し、
さらにLDKでは健康塗り壁として知られるダイアトーマスを
標準仕様としておりますので、健康面でも安心です!

 

 

グランハウスの体験型ショールーム「家ナビ・カフェ」では、
断熱性能を高める真空トリプルガラスを実際に使った
ショールームをご覧いただけます!

 

上越妙高の厳しい寒さの冬をあたたかく快適に暮らしたい方は
ぜひ一度家ナビ・カフェにお立ち寄りください。

グランハウスの新築・注文住宅

Contact

来店予約・資料請求などの
お問い合わせはこちら