Blog

ブログ

上越本店ブログ妙高本社

2020.05.05

グランハウスの、ママを笑顔にする女性目線の家づくり ①

皆さま、こんにちは!グランハウスです。

ゴールデンウィークも残すところあと1日。
今週の日曜日にはもう「母の日」ですね!
お父さんや子どもたちからカーネーションなどをもらう
お母さんもきっと多いことと思います。

そこで今回と次回の2回にわたって「母の日」にちなんで
女性目線を取り入れながらつくっているグランハウスの家づくりと、
弊社の女性設計士からのアドバイスをご紹介していきたいと思います!

◆女性目線だからこそ出来る、きめ細やかな提案力!
住まいづくりを考える上で大切なポイントとなるのが
女性目線で考えること。
テキパキと家事のできる家事動線や、
使ったものなどをササッと片づけられる適材適所の収納、
そしてライフスタイルを彩るデザインセンス。

どれも普段から家事をこなすことの多い女性のほうが
たくさんのアイデアを持っています。

お客様のマイホームが快適で安心なだけでなく、
暮らしやすい住まいとなるように、
グランハウスでは女性設計士が設計部門のチーフとなり、
お客様のご要望に対してきめ細やかな気配りをしながらご提案しています。

そして、今回は特別にこのグランハウスの設計チーフであり、
家に帰れば主婦でもある小林早苗が
家づくりをする際のポイントをご紹介します。

◆お客さまのライフスタイルにフィットした家づくり
一戸建ての住まいの特徴は、
限られたスペースのアパートと違い、
1階と2階に生活空間をつくることができることです。

部屋の数やそれぞれの部屋の大きさ、
レイアウトも自由に考えられますね。
だからこそ家づくりは十人十色!

例えば「キッチン」の場合でも、
●LDKを見渡せるキッチンがいい
●キッチンは独立させたい
●オープンキッチンにしておしゃれに魅せたい
●片付けが苦手でなるべくキッチンは見られたくない
●時短のために他の家事をしながら料理をしたい
●収納スペースを重視したい
など、お客様によって色々なリクエストをいただきます。

お客さまのライフスタイルに合わせた
「暮らしの導線」を考えることがとても大事なんですよ。

◆マイホームについて、みんなで話し合う事がポイント!
実際に住まいづくりが始まると、
念願のマイホームに対する「ワクワク感」だけでなく、
今の暮らしが変化することへのちょっとした
「不安」も感じることがあると思います。
そんな時は、
「今の住まいでどう暮らしてきたか」、
「新しい住まいではどんな風に暮らしたいか」
を前向きに考えてみて下さいね。

「家族みんなの暮らし方」を話し合う時間も
家づくりを進めていくにはとても大切です!

グランハウスでは性能やデザイン性だけでなく
『ずっと暮らし続けること』をベースにした、
いつまでも使いやすい間取りをご提案しています。
まずはお客様の家づくりへの思いをお気軽にお聞かせください!

グランハウスの新築・注文住宅

Contact

来店予約・資料請求などの
お問い合わせはこちら