Blog

ブログ

上越本店ブログ妙高本社

2021.04.29

この4月から施行!住宅の省エネ性能説明義務化について

皆さま、こんにちは!グランハウスです。
今回は、この4月から施行された住宅の省エネ性能説明義務化と
グランハウスの家づくりの特長についてご紹介いたします。

◆住宅の省エネ性能説明義務化のポイント
2019年5月に公布された「改正建築物省エネ法」が
今年の4月1日から全面施行となりました。

これによって300㎡未満の小規模の戸建て住宅などでは、
建築士が建築主に対し、建てる住宅が省エネ基準を
満たしているかどうかを説明することが義務付けられました。

そして、省エネ基準を満たしていない住宅を建てる場合には、
どうすれば省エネ基準をクリアできるのか
費用を含めて説明することが建築士に求められます。

◆省エネ基準をバッチリ満たすグランハウスの家づくり
グランハウスの住まいはすべて標準仕様で
省エネ基準を満たした住宅となっており、
新たに省エネのためのオプションを加えたり
設備工事をする必要がありません!

そこで省エネ基準を満たしているグランハウスの
家づくりの特長ついて簡単にご紹介いたします。

特長❶ 高断熱・高気密
グランハウスでは、断熱材として高い断熱性能を誇る
「ウレタン発砲断熱材」を用いています。

さらに、外気温の影響をもっとも受ける窓のすべてを
YKK社製の「トリプルガラス」とし、
上越妙高エリアの厳しい冬でも、快適に暮らすことができます!

特長❷ 高効率な住設備
パナソニック社製の最上位機種エアコンを標準仕様とし、
寒冷地モデルとなっているので
底冷えするような真冬日でも、記録的な暑さの真夏日でも
エアコン1台で快適に過ごすことができます!

換気については業界トップクラスの高効率な
24時間換気システムを採用した第1種換気となっております。

さらに、高効率給湯器や全室LED照明にするなど
高効率を極めた住まいになっています!

特長❸ 太陽光発電
雪国である上越・妙高エリアで
太陽光パネルを設置する際に重視しなければならいことは、
『積雪地対応』の太陽光パネルであることです。

上越妙高エリアでZEH施行数No.1のグランハウスは、
これまで培った知識と技術、そして各メーカーとのコネクションから
条件に合った確かな品質の太陽光パネルを選定し、
敷地に合わせた最適な方法で設置いたします!

省エネ住宅に興味のあるお客さまは、
グランハウスにお気軽にご相談ください!

常に時代の先を見据えて家づくりをご提案してきたグランハウスが、
お客さまに快適な暮らしをご提案いたします!

代表取締役 一級建築士
山田孝一

グランハウスの新築・注文住宅

Contact

来店予約・資料請求などの
お問い合わせはこちら