ブログ

皆さま、こんにちは!グランハウスです。
今年もあと10日ばかりとなりそろそろ大掃除を始めようかしらと
思われている方も多いと思います。
そこで今回はバスルームのお手入れアドバイスを紹介いたします。

 

◆バスルームをきれいに保つための3つの心構え
バスルームは身体を清潔にするだけでなく、
気分をリフレッシュする癒しの場所です。
いつも気持ち良く入浴できるように3つの心構えが大切です。

心構え①
カビの3大原因は「あたたかい温度」と「しめった湿度」
そして石鹸カスや皮脂などの「栄養分」です。
カビを生えさせないためにも入浴がおわったら
すぐに換気をして浴室を乾燥させましょう!

心構え②
浴槽、床、壁、ドア、窓の継ぎ目部分のシーリングや目地、
パッキンカビが生えやすい箇所です。
カビが奥にまで浸透して黒色や茶色になってしまうと、
完全に取り除くことは難しくなるので、こまめにチェックしましょう!

心構え③
カビが発生してまだ間もない場合は
中性の浴室用洗剤で落としましょう。
もし頑固なカビや汚れになってしまってる場合は
カビ取り用洗剤を用いて落としましょう!

 

 


◆ おなじ浴室でも汚れによって使う洗剤は違います
浴室の汚れには「湯アカ」「カビ」「もらいサビ」などさまざまあり、
汚れによって使用する洗剤も違います。
洗剤は、素材への影響を考えて洗浄力の弱いタイプから
段階的に使うのが賢い方法なのです。
また素材によっては使えないタイプもあるので、
添付の取り扱い説明書をよく読んでから使いましょう

 

浴室用洗剤〈中性〉 湯アカ、石鹸カスなどによる汚れを落とします。
重曹入り洗剤〈弱アルカリ性〉 身体から出る脂分の汚れを落とします。
クエン酸入り洗剤〈弱酸性〉 水分中のカルシウムが固まった汚れを落とします。
カビ取り用洗浄剤〈アルカリ性〉 カビの汚れを落とします。(使用上の注意をよく読んでから使用しましょう。)
風呂釜用洗浄剤〈弱アルカリ性〉 ジェットバス配管や風呂釜・給湯機器を発泡する力で洗浄します。
クリーナー ガンコな汚れやサビ落とし、石鹸カス、油膜によるミラーのくもり落としなどに効果的です。

 

また浴室の素材を傷めるおそれがあるために下記の使用はNGです。
酸性表示の洗剤、シンナー、ベンジン、灯油、アルコール、
オレンジオイル系洗剤、研磨剤入りの洗剤やスポンジ

 


あさって12月22日は冬至の日
お掃除してキレイになったお風呂でゆっくりと
「ゆず風呂」を楽しんでみてはいかがでしょう?

グランハウスでは家づくりのことだけでなく、
住まいのお手入れのこともアドバイスさせていただいております。
気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

【年末年始の休業日のお知らせ】

グランハウスでは、

12月27日(木)〜1月3日(木)までを

年末年始の休業日とさせていただきます。

年始の営業は、1月4日(金)からとなります。

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

カタログセット無料でお送りします

グランハウスオリジナル
オシャレでかわいい
スタイルブックをプレゼント

WEBから来店予約された方

QUOカード500円分を
プレゼントいたします!

ページトップへ戻る